最新情報☆太陽光発電のメリット

ホーム > 太陽光発電のメリットについて > 万が一の自家発電と電力売却のメリットがある太陽光発電

万が一の自家発電と電力売却のメリットがある太陽光発電

 万が一の事態が生じると、生活インフラに関する悩みが生じてしまう事があります。
電力もその1つです。
特に何事もなければ電力は供給されているものの、有事の事態が起きれば止まってしまいます。
電力がストップすると、普段使用している電化製品も使えなくなってしまいます。
特に深刻なのは冬の時期です。
冬は非常に寒いですから、暖房機器などを使用する必要はあります。
石油ヒーターでなく、電気製品で温度調整している家庭も少なくありません。
ですが電力が止まってしまえば、その電気製品も動かなくなってしまう訳です。
それで部屋の温度が寒くなり、生活に大きな支障が生じてしまう事もあります。
ですから電力が止まってしまう事態は、とても深刻です。
そして太陽光発電には、その電力に関するメリットがあります。

 電気が供給されなくなる理由は、電力会社から買っているからです。
普段は電力会社と契約した上で、電気を買い続けている状態になります。
ところが万が一の事態が起きると、電力会社としても電気を供給できない状態になります。
電気を買えない状態になり、電力会社の復旧を待つしかありません。
ですが、電力は直ちに復旧するとは限りません。
数週間先になってしまうケースが多いです。
ところがソーラーパネルを屋根などに設置しておきますと、自力で発電できる状態になります。
ソーラーパネルには発電能力がありますから、太陽の光が照射され続けている限りは、自力で電力を作れる状態になります。
つまり万が一の事態があっても、電力はストップしない訳です。
それにメリットを感じて、パネルを設置している方は多いです。

 ちなみにソーラーパネルの発電能力は、比較的強いです。
それだけに利益を生み出す事もできます。
例えば普段使っている電力は、400キロワット程度だとします。
そしてソーラーパネルの発電能力が600キロワットであれば、200キロワット分は余剰になる訳です。
ところで電力会社は、電力を買い取ってくれます。
キロワットあたりの単価で買い取っていますから、上述の200キロワット分の電力を売却すれば、お金を受け取る事もできます。
それも太陽光発電のメリットの1つです。
ちなみにソーラーパネルを設置するなら、初期費用もかかります。
パネルの面積次第ですが、100万円以上かかる事も多いです。
しかし電力を売却すれば、その100万円以上のお金を受け取る事もできます。
太陽光発電は、投資として活用する事もできる訳です。

▲ ページトップへ